• ホーム
  • くらし
  • 子育て・児童
  • 健康・福祉
  • ビジネス・産業
  • 市政

みよし市ホームページ > 保健センター > 脳脊髄液減少症について

最終更新日:2016年4月1日

ここから本文です。

脳脊髄液減少症について

脳脊髄液減少症とは

「脳脊髄液減少症」とは、交通事故やスポーツ外傷などによる、頭部や全身への強い衝撃が原因で、脳脊髄液(髄液)が漏れ続け、減少することにより引き起こされます。髄液が減少すると、大脳や小脳が下がり、脳と頭蓋骨をつないでいる神経や血管が引っ張られ、その結果、頭痛、頚部痛、めまい、耳鳴り、吐き気、視機能障害、倦怠感などさまざまな症状が複合的に現れます。脳脊髄液減少症は、まだ病態や発症機序、検査方法、治療方法について未解決な部分が多く、診断基準や治療方法が確立されていません。

 

愛知県のホームページに「脳脊髄液減少症の治療が可能な病院一覧」が掲載されておりますので、参考にしてください。

 

よくある質問

お問い合わせ

部署名:子育て健康部健康推進課  

電話:0561-34-5311

ファクス:0561-34-5969

メールアドレス:kenko@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る