みよし市ホームページ > 市役所の組織 > 福祉部福祉課 > 自立支援医療(精神通院)の給付

最終更新日:2020年7月16日

ここから本文です。

自立支援医療(精神通院)の給付

精神疾患により、継続的な通院治療を受ける場合、医療費の一部を助成します。 

自立支援医療制度

自立支援医療受給者証の指定医療機関(病院・診療所・薬局・訪問看護事業者)の欄に記載された機関で支払う精神的な病気に伴う通院医療費が、この制度の対象となります。

※新規申請の場合、申請日から有効になります。

 対象者

継続的に通院して、精神疾患の医療を受けている方 

※入院は除きます。

自己負担割合

通院医療費(精神的な病気のための診察、薬、デイケア、訪問看護など)の1割分(10%)が自己負担となります。

※世帯の所得や疾病によって、自己負担に月額上限額が設けられています。

※申請者(受診者)と同じ医療保険に加入している家族を「世帯」とします。

有効期限

1年間

※毎年、再認定(更新)の申請が必要です。

再認定申請(更新)

有効期限の終了する3か月前から申請できます。申請の受付から交付までに3か月ほどかかります。お早めにご申請ください。

新型コロナウイルス感染症の対応(再認定申請)

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、受給者証更新の診断書を取得するためだけの外出を避けるため、令和2年3月1日から令和3年2月28日の間に有効期間が満了する方については、有効期間が1年間延長されます。

 当該期間において有効期限が満了する方は、更新の手続きは必要ありませんが、保険証や医療機関等に変更が生じた場合は、従前どおり変更手続きが必要になります。

申請について

市役所1階福祉課の窓口で申請していただけます。

申請に必要なもの

(1) 申請書(福祉課にあります。)

(2) 医師の診断書(自立支援医療用、又は精神手帳用)

(3) 健康保険証(世帯全員分)

(4) 同意書兼世帯状況申出書(福祉課にあります。)

(5) 印鑑

(6) マイナンバーカード、又は番号通知カードと身元確認書類(保険証世帯全員分)

再発行・変更など

自立支援医療受給者証を紛失・破損した場合、自立支援医療受給者証の記載事項に変更があった場合(住所・氏名・健康保険証の変更・医療機関の変更や追加)、自立支援医療受給者証を必要としなくなった場合などには、福祉課での手続きが必要となります。

申請に必要なもの

紛失・破損した場合

(1) 申請書(福祉課にあります。)

(2) 印鑑

(3) マイナンバーカード、又は番号通知カードと身元確認書類

記載事項に変更があった場合

(1) 申請書(福祉課にあります。)

(2) 健康保険証 ※健康保険証の変更の場合に必要です。

(3) 印鑑

(4) マイナンバーカード、又は番号通知カードと身元確認書類

必要としなくなった場合

(1) 返納届(福祉課にあります。)

(2) 自立支援医療受給者証

(3) 印鑑

お問い合わせ

部署名:福祉部福祉課  

電話:0561-32-8010

ファクス:0561-34-3388

メールアドレス:fukushi@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る