みよし市ホームページ > 組織から探す > 総務部 防災安全課 > 歩行者保護モデルカー活動について

最終更新日:2018年7月13日

ここから本文です。

歩行者保護モデルカー活動の市民向けステッカーを作成しました!

 

 みよし市では豊田警察署と協力して、「速度遵守」 「ハイビームの活用」 「歩行者優先」の3項目を実践する『歩行者保護モデルカー活動』を平成29年度より市内の事業所に協力していただき、展開しております。

 

平成30年度より事業所向けの活動だけではなく、市民の皆様にも、3項目を実践した運転を行っていただけるよう、

siminnmuke

市民向けのステッカーを作成しました。

『安全運転宣言車』ステッカーを貼り、「歩行者優先」の運転を実践しましょう。

 

 

 

●速度遵守

制限速度を守る

速度が上がると、停止距離が伸びて事故回避が困難になる

とともに事故による致死率も上昇します。

●ハイビームの活用

ライト点灯時はハイビームを活用する

夕方から早朝にかけて交通死亡事故が多く発生し、その大半が「ロービーム」による事故になっています。

●歩行者優先

横断歩道で歩行者を見たら必ず止まる

横断歩道は、歩行者優先であり、ドライバーに対して歩行者保護意識の高揚を図る必要があります。

 

                                                                                                                                     

                                                                    直径80mmで、黄色部分は反射材を使用しております。

 

配布方法

    防災安全課窓口(市役所3階)にて随時配布します。

 

 

お問い合わせ

部署名:総務部防災安全課  

電話:0561-32-8046

ファクス:0561-76-5702

メールアドレス:bosai@city.aichi-miyoshi.lg.jp

ページの先頭へ戻る